博地図メニュー
トップ (メニュー)  >  地形図知っちゃお!  >  地形図の歴史・生い立ち  >  6.明治以降の測量・地図作成国家機関の変遷一覧表(まとめ)
地形図の歴史・生い立ち
6.明治以降の測量・地図作成国家機関の変遷一覧表(まとめ)

 

1869(明治2)年 民部省に戸籍地図掛設置
1870(明治3)年 民部省に地理司設置
1871(明治4)年 兵部省陸軍部参謀局に間諜隊諜報掛を設置して地理偵察、軍用地図編集を開始
同年の民部省廃止に伴い、大蔵省地理課に地理司を移管
工部省に測量司を設置し全国三角測量を計画
兵部省海軍部水路局設置し海図作成開始
1872(明治5)年  兵部省を廃止し陸軍省と海軍省となり、間諜隊は陸軍参謀局へ移管
東京麻布に海軍観象台設置
太政官正院に地誌課を設置
1873(明治6)年 北海道開拓使が三角測量を開始
内務省設立
1874(明治7)年 参謀局に地図政誌課と測量課設置
太政官地誌課の業務を内務省に移管
内務省に測量司、地理寮設置
1875(明治8)年 内務省地理寮に土石課設置
1877(明治10)年 内務省地理寮を地理局と改称
1878(明治11)年 参謀局を廃止し参謀本部を設置、地図課、測量課を設置
1880(明治13)年  参謀本部、大地測量事業取調掛を設置
1882(明治15)年 参謀本部、大地測量班を新設
1883(明治16)年  参謀本部測量課に大地測量部(三角)、小地測量部(地形)を設置
1884(明治17)年  参謀本部地図課・測量課を併合し測量局設置、内務省地図局から大三角測量を参謀本部測量局に移管。地図課、三角測量課、地形測量課を設置
1886(明治19)年  海軍観象台(東京麻布)経度決定、日本標準時決定
1888(明治21)年  陸地測量部条例公布(勅令) により参謀本部測量局が参謀本部直属の独立官庁として陸地測量部となる。敷地は、現在の水準原点(東京三宅坂)付近に置かれていた
1891(明治24)年 参謀本部構内に水準原点設置(東京三宅坂)
文部省に移管された地理局が廃止
1892(明治25)年 東京天文台に経緯度原点設置(東京麻布)
1918(大正7)年 水路部が経緯度原点の経度を改正、測量成果(経度)の修正開始
1945(昭和20)年 陸地測量部廃止、内務省地理調査所発足
1948(昭和23)年 地理調査所、内務省から建設省に組織変更
1949(昭和24)年  測量法公布
1960(昭和35)年  地理調査所が国土地理院に改称
2001(平成13)年 建設省国土地理院が国土交通省国土地理院となる
2002(平成14)年  4月1日、測量法・水路業務法改正によりわが国の経緯度システムが世界測地系に変更される

引用文献等
山口恵一郎、品田毅編 『図説地図事典』 (武揚堂、1984年)
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:282 平均点:7.94

前
5.地形図に関する主な変遷事項(まとめ)
カテゴリートップ
地形図の歴史・生い立ち
次
7.東京・新宿−渋谷間の変遷
サイト内検索
Google
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 地形図三昧 を参照しています。)
古地図・古書籍販売
 
ホーム -  ニュース -  白地図ダウンロード -  地形図三昧 -  お問合せ/ご注文
All Rights Reserved (C) 2008 hakuchizu.com
Powered by BUYODO CO. LTD,.