地形図の歴史・生い立ち
3.地形図の生い立ち 陸地測量部の仕事

 

明治21(1888)年、軍制の改革を機に充実した測量局は、陸地測量部として参謀本部傘下の独立官庁となりました。以来、わが国の測量・地図作成の中心機関として、昭和20年第二次世界大戦終了までその業務を遂行した。その間に作成された地図類の主要なものは次のとおりです。

〇1万分の1地形図
明治29年から開始。六大都市(明治42年東京が最初に完成)および要塞地帯の大縮尺図です。
〇2万分の1地形図
縮尺改定までわが国の基本図。着手は明治17年、刊行は19年〜44年、主要な平野域(当初は山間部を含む)と要塞。2万5千分の1に引き継がれる。

地図事典 1:20000 2万分の1迅速測図
山口恵一郎、品田毅編 『図説地図事典』 (武揚堂 1984年)


〇2万5千分の1地形図
明治43年特設地区地形図の縮尺改訂後、主要な平野域を作成。
〇5万分の1地形図
明治23年縮尺改訂後、基本図となる。実施は29年以降。大正末までに本州・四国・九州・北海道全域を完成。第二次大戦終了までに旧領では台湾山間部の一部を残して完成。
〇10万分の1帝国図
旧制帝国図8面完成
〇20万分の1巻輯製図
国土の全貌を早急に知ることを目的として作られた編集図。


地図事典 1:100000 10万分の1帝国図、20万分の1輯製図
山口恵一郎、品田毅編 『図説地図事典』 (武揚堂、1984年)


〇20万分の1帝国図
5万分の1からの編集図、現在の地勢図の前身。